2016/12/09
ゴルフトゥデイ・バーディーズをいつもご愛顧いただき、誠にありがとうございます。 皆様にご報告をさせていただきます。 2010年の9月、ゴルフトゥデイリニューアルと同時に結成した『ゴルフトゥデイ・バーディーズ』の活動も、早...»続きを読む
TOPへ

「Super Stroke グリップ2013モデル」、3月から発売開始!

——————————————————————————————————————

★実際に、編集部がスーパーストロークグリップを使ってグリップ交換を行なったり、
 バーディーズが試打した記事をアップしました!★

初めてでも安心!グリップ交換講座【How To編】
初めてでも安心!グリップ交換講座【やってみた!&切ってみた!編】
【動画】酒井美樹ちゃんが大人気の『スーパーストローク』初体験!

——————————————————————————————————————


ツアーでの使用プロが増加したことで注目を集めた「スーパーストロークパターグリップ」の2013モデルが3月上旬より発売開始される。

 

Super Stroke Putter Grips 2013 Model

SSGrip

2013モデルのスーパーストロークグリップはロゴ、デザインを一新して「パターグリップの新定番」として展開していく。
スーパーストローク社特許技術のノンテーパー・テクノロジーはもちろん、2013モデルからクロストラクションテクノロジーにて表面加工を施し、今まで以上に滑りにくくなっている。
ツアーからの意見をフィードバックしたMID SLIMを追加して、4種類の太さをラインナップ。さらに新しいコンセプトモデル「FLATSO」も追加された。

【特長】
■MID SLIM を追加して 4つのサイズをラインナップ
ジャンボサイズ(FATSO LITE)、ミッドサイズ(SLIM LITE)、スタンダードサイズ(ULTRA SLIM)にプラスしてSLIM LITEとULTRA SLIMの中間の太さのMID SLIMをツアー選手の意見から追加。ゴルファーの好みに合わせて、4種類の太さから選ぶことができる。
■New コンセプトデザインの【FLATSO】が新登場
ワイドデザインながら、形状を薄くした(ホームベースを薄くしたような五角形デザイン)握りやすいモデル。FATSOとほぼ同じ幅でも、握った時のフィット感がよく、ショルダーストロークに集中できる。特に合掌グリップ(右手と左手のグリップ位置の上下の差をなくした)にマッチするので、肩のラインを平行に保ちやすく、ストロークが安定する
■クロストラクションテクノロジー
グリップ表面にクロス(十字)のスリットを入れると共に粘着性の高い表面コーティングで今までよりもさらに滑りにくくなった。この表面加工により、今まで以上に手のひらに吸い付くフィーリングで、余計なグリッププレッシャーから解放される。
■ノンテーパー・テクノロジー
Super Strokeの特許技術である、ノンテーパー・テクノロジーは手首の余計なローテーションを抑えて、ショルダーストロークで機械的にパッティングすることをサポートする。太さが均一の形状のため、テーパー形状のグリップに比べシャフト側(通常グリップ時の右手側)が太く感じ、余計な力が入りにくくなる。
■バイキャスト・ポリフォーム素材を採用し軽量化(ULTRA SLIM,17”,SPRIT以外)
バイキャスト・ポリフォーム素材を各モデルに採用することで、従来のオーバーサイズグリップにありがちなグリップ重量によりヘッドの重さを感じられない(ヘッドバランスが軽くなる)現象を抑えた。弊社従来製品に比べ約 66%の軽量化により、今までよりもヘッドの重さを感じやすいオーバーサイズグリップになった。
■中尺・長尺用グリップもラインナップ
アンカーリング禁止にルール変更される予定だが、引き続き中尺、長尺用グリップをラインナップ。3種類のバリエーションで、長、中尺パターにもノンテーパーテクノロジーや軽量グリップのメリットを生かすことができる。今までの 21”(21インチ)は日本人の体形に合わせて 17”(17インチ)に変更した。

【発売日】2013 年3月上旬(モデル・カラーによって発売時期が異なる)
【価格】 オープン
【販売経路】 ゴルフ用品量販店、各ゴルフショップ、各ゴルフ場ショップ等

■問い合わせ先:(株)スポーツティエムシー TEL03-3769-5021 URL:http://www.sports-tmc.com/

コメント

コメントはまだありません。

コメントを投稿

次の HTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

TOPへ