2017/05/08
ゴルフトゥデイイメージガールの美女と一緒にゴルフができる!! 『GTバーディーズカップ2017 第4戦』 2017年6月13日(火)開催!! ただいまキャンセル待ち申し込み受付中!! 「GTバーディーズカップ」は、モデル...»続きを読む
TOPへ

パターのキホン①『複雑怪奇!パターの種類の迷宮』

「夏だから」って練習をさぼってるうちに、
なんだかモチベが下がって来ているゴルフ初心者女子の皆様こんにちは!
そろそろゴルフの秋。一皮向けて行きたいですね。
そんなときには「パター」。これです。
初心者女子の皆様におかれましては
「自慢じゃないけど、1ラウンドあたり70打はパッティングしてるっての!」
とかなんとか、世にも恐ろしい経験をなさっているんでは無いでしょうか。

というわけで、今回はパターです。

第1回はまず『種類』

これがもう本当にたくさんあって、書いている私も混乱しているんですが、
気にせず今回も得意のガサツ説明で乗り切ろうと思います。

まずヘッドの形。

【ピンタイプ】・【ブレードタイプ】

sP8250015

すごく大雑把に言うと、シンプルな羊羹のような形で小ぶりのものは
【ピンタイプ】とか【ブレードタイプ】と呼ばれるタイプ。
高橋としみちゃんの持っているタイプ。
少し上級者向きと言われていて、男前感を演出できます。
弟タイプの男子にアピールできるかもしれません。


【マレット】

sIMG_4870

「カマボコ型」とも言われるマレット型。
谷口真紀ちゃんはこのタイプ。
まるっこい形は一番ガーリーかもしれません。
「真っすぐ引いて、真っすぐ打つ」ための設計になっているので、
初心者にも使いやすいです。


【ネオマレット】

sIMG_4879
sIMG_4908

上記の『マレット型』をさらに進化させた『ネオマレット』
大きいヘッドが特徴的。福良真莉果ちゃん、サブちゃんはこちらのタイプでした。
バットモービルのようないかつい形のものなんかもあって、形状は様々。
初心者向けの『マレット型』をさらに進化させているので、
初心者の人の感じる「打ちやすさ」はピカいち。





「うーん、カタカナが多くて疲れちゃった。
やっぱパパのお下がりで十分でしょ。
だって、どうせ入らないんだもーーん!」

なんですと!?……、貴女たちと来た日には。
パターは、ある意味とても自由なクラブです。
選び方も、打ち方も、ある意味「好きにしろ」なんです。
でも!だからこそ!!
自分に合う1本や打ち方と出会う事が、幸せにつながるのです。
皆さんの得意なダーリン探しと一緒です。
ダーリンがパパのお下がりでもいいのか!?

・・・・あれ、もしかしてワタシ、ちょっとウザいですか?





まあいい。気を取り直して、もう一つ、パターの分け方をお勉強しておきましょう。
シャフトのお話です。
くわしく言えばいろいろありすぎるんですが、
まず見分けやすいのが【センターシャフト】【それ以外】です。

これは、シャフトの刺さっている位置の違いです。
【センターシャフト】は、ヘッドのど真ん中にシャフトがブッスリと刺さっているもの。
【それ以外】はそれより少し後ろや、思いっきりヒール側など、真ん中以外に刺さっています。
センターシャフトのタイプを使っている女のコは今回見つけられなかったんですが、
少し個性的なイメージですので「パター選びにこだわりがあるんだね!」っていう形で
モテたり、モテなかったりするかもしれません。

高家望愛ちゃんは、なんと初心者女子にして『L字マレット』を使用。

sP8250029

ヘッドの一番端からシャフトが伸びていますね。
一般に「難しい」と言われるタイプでして、
華奢に見えてなかなかマッチョメンタル女子だぜ! と感心しました。

以上の事が、複雑怪奇なパターの世界の入り口のさらに前の入場券売り場くらいの感じです。
まだまだ、シャフトやネックの形状、長さに重さにグリップに……、
それぞれの組み合わせを掛け算して行ったら、もう大変なことになっているわけなんです。

「初心者向けはどれ?」という問いにも、いろんな考え方があるようなんですが、
一般的には、「ネオマレット型」「シャフトの刺さり方は、センターやL字以外で……」
というあたりが「簡単」とされているようです。
とはいえ、パッティングは自分の感性に寄り添うことで上達していくもの。
情報に頼り過ぎず、何より「しっくり来る」ものを選んで下さいね!


次回は、バーディーズにツッコミを入れつつパッティングのキホンをおさらいします!(予定)



(文・くぼきひろこ)

コメント

コメントはまだありません。

コメントを投稿

次の HTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

TOPへ