2016/12/09
ゴルフトゥデイ・バーディーズをいつもご愛顧いただき、誠にありがとうございます。 皆様にご報告をさせていただきます。 2010年の9月、ゴルフトゥデイリニューアルと同時に結成した『ゴルフトゥデイ・バーディーズ』の活動も、早...»続きを読む
TOPへ

[”やっちゃった”を抑える特効薬]状況別凡ミス解消法 その③ フェアウェイ編6]

2013/11/28 : レッスン関連

みなさんこんにちは!

前回の、”ダフり”対策はいかがでしたか?
ダフりの原因に、加重のバランスがあります。

ダフってしまった時は、是非思い出して実践してみてください。

さて、今回も飛距離についての対策です。
あなたのお悩みを解決すべく、不安や問題とその解決法を状況別で紹介します。

人気レッスンプロの北野さんから教わった、コースで出してしまったミスをその日”二度と出さない”ための即効レッスンをお届けします!

[”やっちゃった”を抑える特効薬]状況別凡ミス解消法 その③ フェアウェイ編6]

gt18_1

●状況
フェアウェイ

●クラブ
7番アイアン

●ミス
球を上げてくれるクラブのはずが、超低空の弾道となり”トップ”。

100Yしか飛ばなかった。

 

☆特効薬
フォローでヘッドを左ヒザより下で”止める”。

 

フォローでクラブをヒザの高さより下の位置で止めることをイメージしてみましょう。
すると、両腕が自然と伸びた形になります。
惰性で腰から上にクラブが上がってもかまいません。
とにかく自分で上げにいかないように注意しましょう。

 

やること①
普段と同じようにテークバックをする。

やること②
右腕が伸びたところで”ピタッ”と止めるイメージ。

 

左ヒザの高さにヘッドを収めるのが理想です。

gt18_2

実際はフォローでヘッドを左ヒザより下で止めるのは困難です。
惰性で左腰より上がっても問題はありません。

 

今回のポイントです。
自分で上げにいかない。

 

いかがでしたか?
トップを叩いても、これを思い出せばもう怖くありません。
次回も、違ったシチュエーションのお悩みの解消法です。
お楽しみに~。

 

[今回のおさらい]
フォローでヘッドを左ヒザ下で止める”イメージ”。

 

<ゴルフトゥデイ 2013年7月号より>
[”やっちゃった”を抑える特効薬]状況別凡ミス解消法 その③  フェアウェイ編1]
[”やっちゃった”を抑える特効薬]状況別凡ミス解消法 その③  フェアウェイ編2]
[”やっちゃった”を抑える特効薬]状況別凡ミス解消法 その③  フェアウェイ編3]
[”やっちゃった”を抑える特効薬]状況別凡ミス解消法 その③  フェアウェイ編4]
[”やっちゃった”を抑える特効薬]状況別凡ミス解消法 その③  フェアウェイ編5]

コメント

コメントはまだありません。

コメントを投稿

次の HTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

TOPへ